--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-15(Fri)

二人の名探偵 【1】

昨日はどこもかしこも、バレンタイン絶海の探偵ゲスト声優決定で盛り上がってましたね
私も、チョコ&クッキーつくりました
val13-b.jpg

クッキーの形は悪いけど、味はGood
チョコも、テンパリングの要領で温度変えてみたので、うまくできました

ゲスト声優については…来週のサンデー発売後に特集組みたいと思います

さて、皆さんお待たせしましたっ

麻柯さんからのリクエスト『コナン×AKB』、やっと書けるところまで書けたので、UPしました!
他のリクエストと同じく、今回も連載形式にさせていただきます。すみません…
cona-akb48-main-s.jpg

この作品は、サンデーにて連載された「AKB48殺人事件」の後日談を自分なりの想像で描いたものです。
また、あくまで『AKB48殺人事件』を基に執筆したので、現在のAKBと違う点やちぐはぐな設定がありますが、そこはご容赦ください
AKB48殺人事件 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)AKB48殺人事件 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
(2012/09/18)
秋元康、 他

商品詳細を見る


それでは、pixivで読む方はこちら、早速読む方は追記よりお読みください


1.再会

「悪ィな博士、雑誌買うためだけに車出してもらっちまって…」
博士のビートルの中で、コナンがそっと囁いた。隣では灰原が、どっさりと買い物袋を抱え、財布の中身を数えている。
「いいんじゃよ、哀君も見たいものがあると言っておったし、それにワシも郵便局に用があったしの…ん?」
急に、博士があたりをキョロキョロ見回した。
「い、いかん!一本手前の道を曲がってしまったようじゃ…」
「おいおい博士、何やってんだよ…あれ?」
コナンは、一瞬戸惑った。まだ事務所には着いてないはずなのに、そんな感じがしたからだ。
「…ん?」
コナンはふと、道端にある看板に目を止めた。そこには、『COFFEE アポロ』の文字が…
(は?)
コナンは、そのまま上を見上げてみた。するとそれは驚くほど事務所にそっくりな建物で、窓に『前田探偵事務所』とでかでかと文字が書いてあった。
「前田?って、まさか…」
その時、事務所の階段から、TVで見たことのある人が出てきた。確か、アイドルグループ・AKBのメンバーの人達だ。
「あっちゃん、お茶ごちそうさま!」
「じゃあまた、あっちで会おうね~!」
二人は、事務所から出てきたもう一人に手を振り、事務所前に止めてあった迎えの車に乗り込んだ。事務所の前では、ホームズコスを着たショートヘアの女性が、手を振りかえしていた。
「やっぱり、あの人…」
コナンは、前の車が行ったのを見計らって、博士に「ちょっと停めてくれねーか?」と頼んだ。博士が車を停めると、中に入ろうとしていたホームズコスの女性が目を丸くして振り返った。
「ちょ…今は売ってない、博士のと同じ黄色のビートル…!」
そして、コナンが車を降りると、女性の目がさらに大きくなった。
「コ、コナン君!?」
「こんにちは…たまたま通りかかったらここ見つけてさ…」
女性の表情が、驚きから嬉しさに変わった。
「よく来てくれたわね~!!丁度、一回そっちの事務所に挨拶に行かなきゃと思ってたとこだったのよ~!ささ、上がって上がって!」
女性がコナン君にそう言った時、後から降りてきた灰原と博士を見てまたまた興奮した。
(うわっ、そっくりって思ってたら本物だったぁ~!!)
灰原も、女性を見てハッとした。
「あ、あなたって、まさか…」
そう、そこにいたのは、誰あろう、日本で今大人気のアイドルグループ・AKBを、ファンに惜しまれながら卒業したことで話題となった、あの…
「前田敦子さん…!?」
「そうよ!」
前田は、誇らしげに窓の『前田探偵事務所』の文字を見上げた。
「どお?立派なもんでしょ?…さ、そこでずっと立ってるのも寒いから、入って!温かいコーヒーでもご馳走するわ」
「あ、ありがとう…」
コナン達は、誘われるままに中へと入った。そして驚いたのは、中の間取り、机や家具の位置、そして色々な小物に至るまで、毛利探偵事務所にそっくりだった。
コナン達がソファーに座って待っている間、前田は、台所に行ってコーヒーを淹れ、クッキーと一緒にお盆に乗せて持ってきた。
「はい。ミルクと砂糖はご自由に入れてね」
前田はコーヒーを渡し、自分もカップを持って反対側のソファーに座った。
「コナン君、この前は電話だけだったから、改めてお礼を言わせてもらうわ。ありがとう」
「い、いやそんな、大それたことは…」
「だって、たかみなを守れたのは、コナン君のおかげだもの」
前田がコーヒーをすすると、阿笠博士が口を開いた。
「ところで、一つ聞きたいんじゃが…どうして、AKBを辞めて探偵を?」
「前からずっと、やってみたいと思っていたんです。それで、卒業を決めた後に、この事務所買って色々準備して…」
「…でも、最近よく活躍は見るけど、あの推理力、どこで身に着けたの?」
灰原も質問をすると、前田はちょっと頬を赤くした。
(うわ、生哀ちゃん…!!)
前田は、心の中でそう叫んでから、コホンと咳払いをした。
「それはね、私の大好きな作品、『名探偵コ』…」
その時、前田はハッとした。コナン達にとって、『名探偵コナン』はある意味、黙示録である。確か、この世界では、黒ずくめやキッドが出るベルツリー急行殺人事件はおろか、工藤優作の未解決事件もまだ起こってないはず…!!
「…赤山剛昌先生原作の『名探偵アーサー』を全巻読破してますからっ!」
「ほーお、それは大したもんじゃのう」
(ホッ…)
前田は、そっと胸をなでおろした。どうにか、ごまかすことができたようだ。
「そういえば、さっき何人か、AKBの人が出てきてたけど…」
「あ、AKB屈指のコナ…アーサーファンでね、時々、解決した事件の話を聞きに遊びに来るのよ」
「そう…」
灰原がそう言って辺りを見回し、ふとバケツに挿してあった花束を見つけた。
「前田さん…これって仏花よね?」
灰原が尋ねると、前田は一瞬ビクッとした。
「…え、えぇ、そうよ。今日は、ゆうこのお墓参りに行くの」
前田は、立ち上がって花を手に取り、寂しそうに笑った。
「れなっちとまゆゆのところには、先月行ったから」
「あ…」
灰原は、バツが悪そうにうつむいた。
「ごめんなさい…」
「気にしないでよ!」
前田は手をひらひら振った。
「今日、ゆうこの追悼コンサートがあってね…さっき来てた子たちとも合流して、みんなで近況報告するつもりなんだ。あ、コナン君たちは、今日ヒマ?」
「…え?うん、土曜日だし…」
「じゃ、一緒に来ない?皆、コナン君に会ってみたいって言ってたし!」


2.黒の影

コナン達は、浅草駅から東武日光線に乗り、栃木へと向かった。そして電車を一つ乗り換え、「壬生駅」に降り立った。
そう、この栃木県壬生町が、孤島で起こった連続殺人事件の第2の被害者・大島優子の出身地で、彼女が眠っている場所だった。
「ゆうこ、久しぶり。今日は、皆が来るんだよ」
優子の墓前で、4人は手を合わせた。そしてきれいに墓を磨き、花を供えた。
「私、探偵として、頑張るからね。応援してね」
その後、前田はしばらく黙った。コナンがふと見ると、前田は目に涙をため、泣くのを必死にこらえていた。コナンは、蘭が前に言っていたことを思い出した。前田探偵は、孤島での事件の時、死を悲しむより先に、犯人を見つけ出すことに全力を尽くしていたと、TVで流れていたと…
おそらく、改めて優子の死と向き合った今、堪えていた哀しみが溢れ出したのだ。
(前田さん…)
博士も灰原も、その気持ちを察したらしく、黙って墓に手を合わせていた。
「あっちゃ~ん!」
どのくらい経っただろうか、不意に前田を呼ぶ声が聞こえた。振り返ると、AKBのメンバーが数人、こちらへ歩いてきていた。
「みんな…」
前田はそっと手で涙をぬぐい、笑顔になった。
「今日は頑張ろうね、あっちゃん!!」
高橋みなみが、前田の手を握って言った。前田は、力強く頷いた。
「えぇ!ゆうこに思いっきり楽しんでもらわなきゃ!…元メンの私は司会だけどねっ!」
「あ、ずるい~!」
「…それであっちゃん、この子が、あの江戸川コナン君?」
前にいたメンバーが、うずうずして訊いた。北原里英と佐藤すみれ、それに横山由依だ。彼女たちはかなりのコナンフリークである。
「しかも、哀ちゃんと博士まで…」
「まさか、あの方に会えるなんて…」
「え、博士黒幕説は、先生この間否定してなかったっけ?」
「私は、烏丸連耶が怪しいと思う!!」
前田に「あんまりコナンの話はしないで」と念を押されていたが、我慢できなかったらしく、コナン達に聞こえないほどの音量で大議論を始めていた。
「…ねぇ前田さん、今日はどこでコンサートをするの?」
墓場を出て道路の脇を歩きながら、コナンが前田に訊いた。
「『バンダイミュージアム』ってところよ」
前田はそう言うと、鞄から地図を取り出した。
「今日はサプライズコンサートだから、ファンがあんまり押し寄せないようにミュージアムの関係者以外には事前告知なしだけどね」
「あれ?地図に、そこ『おもちゃのまち』って地名があるけど…」
「あぁ…その地名、前におもちゃ工場を誘致して工業団地を開発したことからつけられたらしくてね…えっと、そこには、昔の絡繰り人形とか、貴重なおもちゃがいっぱいあるらしいわよ!」
前田が、こそっとカンニングペーパーを見ながら言った。それに気付いたコナンは、ハハハとジト目で笑った。
「そういえばさぁ、あっちゃん」
北原が、こそっと耳打ちした。
「そこ、ガンプラとか、ガンダム関係のもかなり揃ってるんだよね?」
「…え、まぁ、そうみたいよ」
彼女の問いに、前田は苦笑した。コナンマニアの彼女達が考えていることは、分かりやすい。
「ここ、青山先生来たことあるのかなぁ?」
「後で係の人に聞いてみよ!」
「青山先生、組織編の重要キャラ、今のトコみんなガンダムで固めてるじゃん?シュウとか、世良ちゃんとかぁー」
「あ、ウチすばるん好きだよ!」
「…まったく、何の話で盛り上がってるのかしら」
灰原が、ふぁと欠伸をして言った。
「今日のコンサートがよっぽど楽しみだったんじゃねーか?」
コナンが空を見上げて言った。雲一つない、澄み切った青空が広がっている。
「ま、こんな場所で事件は起こりそうにねーし、あの組織の奴らだって…」
「…あれ?コナン君じゃないか!」
不意な呼びかけに、慌てたのはコナンだけではなかった。なにしろ、そこにいたのは、探偵として小五郎の事務所に滑り込んできた、組織のメンバーの一人の…
「バーボ…!」
思わず、佐藤が声を上げそうになった。次の瞬間、周りにいたAKBメンバーの手が一斉に佐藤の口に飛んだ。
「すーちゃん抑えてっ!」
「じゃないと周りの人間に危害が及んじゃう!!」
同時に、その他のメンバーが一斉に群れの中に灰原を押し込み、隠した。佐藤は、あるメンバーが鞄につけていたバレーボールのマスコットを触って「あー、バボちゃん可愛いね~!」とごまかしていた。
「…あ、安室の兄ちゃん…何でここに?」
「実は、毛利先生が依頼を受けて、この近くの家に来ててね…どうやら毛利さん、大事なものを忘れたらしくてお遣いに行ってたんだ」
安室が、少々呆れ顔で言った。手にしたビニール袋から、競馬新聞が覗いている。
(仕事しろよ、あのオヤジ…)
コナンが、眉を引き攣らせて心の中で毒づいた。
「コナン君達は、どうしてここに?」
「あ、今朝、偶然に前田探偵の事務所の前を通りかかってのォ…今日こちらでコンサートをされるというから、連れてきてもらったんじゃ」
「なるほど…」
博士の説明に、安室はニッコリ笑った。
「良かったですね。楽しんできてください!」
安室はそう言って、坂道を上って消えていった。コナンとAKB一同は、そっと胸をなでおろした。
「ふぅ…危なかったね、哀ちゃん」
「え、えぇ…え?」
灰原が目を丸くした。この人達、組織の事を知っている…?
「あっ」
思わず声を掛けた高橋みなみが、慌てて言い繕った。
「い、いや、さっき車が通りかかって、ぶつかったら危ないって…」
「あ、うん、ありがとう…」
灰原は、腑に落ちないながらもお礼を言った。
「んじゃ行こうか、おもちゃのまちへ、おもちゃのマーチでも歌いながら!」
前田が、そう言ってコナンにウインクした。
「『やっとこやっとこくりだした~♪』」
「『おもちゃのまぁちがらったったぁ~』…」
コナンの音痴声に、灰原がクスッと笑った。
「な、なんだよ!」
「相変わらずね、名探偵さん?」
「んじゃ、灰原も歌えよ!」
「私パス…」
「ニャロォ…」
コナンと灰原はそれからしばらくからかいあっていたが、前田はどこか不安な顔をしていた。
(安室透…バーボンと呼ばれてる組織の一員…まだ謎が多くて正体は分からないけど…ここにいるってことは、まさか…何も起こらないといいけどな…)
その不安は、AKBの他のメンバーも感じているようだった。コナンファンなら、黒ずくめの恐ろしさは十分知っている。もしここで、奴らと会ったりなんてしたら…
「どうしたのみんな?さっきから黙っちゃってるけど」
AKBの空気が変わったのを感じ取ったのか、コナンが訝しげに言った。
「な、何でもないわ」
前田が、笑みを作って言った。
「さ、早く行きましょ!」

ドル、ドルルルル…
閑静な住宅街の外れで、低いエンジン音が響いた。周りに人気はなく、真っ黒な車体が妙に目立っている。中にいた長髪の男は、バイブを鳴らしているスマホを手に取り、通話ボタンを押した。
「ああ、俺だ…奴はこの街の中にいる。逃すんじゃねぇぜ…」
手短に言って電話を切り、その男、ジンは、愛車・ポルシェ356Aを、街中に向かって走らせた―




To be continued...

<あとがき>
最後までお読みくださり、ありがとうございます!
公開するまでにここまでかかってしまったのは、最初に書いた小説がどうしても納得できる話に仕上がらず、設定を根本から変えて書き直したためです。

この話は大島優子さんの出身地で事件が起こるストーリーですが、はじめの話は、ドラマCD「少年探偵団からの挑戦状!」を基にした「三宮カズノリ誘拐事件」でした。
ただ、ドラマCDを聴いていない方には分からないネタもあったりストーリーがうまくつながらなかったりとなかなか形にならず、設定の大幅変更を決めました。
楽しみにしてくださっていた方、お待たせして申し訳ありません。
これからも皆さんが面白く読める話を書いていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

あ、それと…
ここでは栃木県壬生町を舞台にしていますが、限られた資料を基に書いているので、栃木に詳しい方、何かおかしい点がありましたら、ご指摘いただければと思います。
改めまして、ありがとうございました!
次回UPまでもう少しお待ちください。。。


【おまけ】
バレンタインで作ったお菓子をもうちょっと

val13-c.jpg

val13-d.jpg

キッドと鬼太郎です
形悪くても、きれいに飾れば美味しそうに見える!…はず(笑)


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

コメント遅れました・・・(><)

わわわわわわわっ!!

ありがとうございます!!!!
とっても素敵でした(≧∇≦)!!!
すごくスケールの大きそうな作品になっていてびっくりです・・・!!!


私なんかのリクエストをきいていただけるなんて、本当に申し訳ないです・・・
最初、むちゃくちゃなお願いの仕方をしてしまったと思ったので・・・。
でもこうして素敵な作品に仕上げて頂けて、すごく嬉しかったです!!

続きを楽しみにしています^^
今回は本当にありがとうございました!!

あと、イラストもとっても素敵です^^

Re: 麻柯さんへ

> ありがとうございます!!!!
> とっても素敵でした(≧∇≦)!!!
> すごくスケールの大きそうな作品になっていてびっくりです・・・!!!

黒ずくめまで登場させちゃいましたからね(笑)
これから、色々事件が起こって、コナンと前田探偵で真相に近づいていくという話になる…予定です!(笑)

> 私なんかのリクエストをきいていただけるなんて、本当に申し訳ないです・・・
> 最初、むちゃくちゃなお願いの仕方をしてしまったと思ったので・・・。
> でもこうして素敵な作品に仕上げて頂けて、すごく嬉しかったです!!
> 続きを楽しみにしています^^
> 今回は本当にありがとうございました!!
> あと、イラストもとっても素敵です^^

ありがとうございます!喜んで頂けて嬉しいです(≧▽≦)
イラストは、姉に書いてもらいました(^▽^)
続きは今、マイペースながらも絶賛執筆中(笑)ですので、楽しみにしていてもらえたら嬉しいです(*^^*)
Profile♪

ねこたん♪☆

Author:ねこたん♪☆
出身地:秋田県
血液型:AB型

コナン、鬼太郎が大好き!進撃の巨人、鬼灯の冷徹にもハマり中♪ 
好きなキャラは、コナン君、世良真純ちゃん、鬼太郎、蒼兄さんetc…
(詳しくは一番最初の「初ブログ」記事を見てくださいね!)
単行本派+サンデー派=どっちも派(*^_^*)
高山みなみ署長を全力応援☆
そして秋田ケンミンなので秋田も応援!

このブログはリンクフリーです♪
bnr_Promenade_conanmorning.jpg

bnr_Promenade_conanmedama.jpg
↑こちら、お持ち帰り用バナー(≧▽≦)
(直リンクはご遠慮ください)
他にも種類あります!
「リンクについて」カテゴリからご覧ください♪


コメとか貰えるとすごく喜びます★
ぜひ足跡残してってください!
但し、荒らしや誹謗中傷と思われるコメントは、予告なく削除することがあります。


こちらも運営中です!よろしくお願いします♪
サークルブログ「YOKAI☆CLUB」
YOKAI☆CLUB
Pixiv

ツイッター
 ねこたん♪☆
 @nekotanndcgk
 ネタバレ垢
 @nekotannconan
 シェリーのひとりごとBOT
 @sherrygoto_bot
ニコニコ動画
user/29904536

<お願い>
このブログに掲載されている文、写真、イラスト等の、無断での複写・転載はご遠慮ください。
(自分のブログに文やイラストを載せたい等の希望がある場合は、コメント・メール等で意思表示お願いします!)
「あ、この画像消えてる!」と思われた場合は、その場所をクリックすると見れる…はずです。。

来てくださってありがとうございます♪
2013/5/3 130000ヒットありがとうございます!
2013/7/28 200000ヒットありがとうございます!!
2014/1/19 300000ヒットありがとうございます!!
Thanks! (*^_^*)
現在の閲覧者数:
Category
最新記事
最新コメント
Twitter
nekotann1th-nekos.jpg
管理人のツイッターです!
のんびり呟いてます♪
月別アーカイブ
見たい月をクリックすると「記事一覧」がトップに出るので、見たい記事をすぐに探せます♪
Calendar & Clock
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Link♪
検索フォーム
cona-sera-icon-tonekotan-s-cut.jpg
気になる記事はあったか?
もし見つからなかったら、キーワードを入れて検索してみてくれよな!
記事の題名から探したいときは、「記事一覧」カテゴリが便利だぞ!
Blogヒストリー
12.5.12 「ねこたん♪☆room」開設
12.5.14 カウンター設置
13.3.21 10万ヒット突破
13.5.12 ブログ開設一周年
     ブログ名を「Promenade*」
     に変更
13.7.28 20万ヒット突破
14.1.19 30万ヒット突破
メールフォーム
cona-nekotan-icon-kitaneko-s.jpg
ここから、管理人にメールが送れますよ!
何か聞きたい事があったら使ってね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

参加しています♪
blogramで人気ブログを分析
カウントダウン
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。